コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春国岱 シュンクニタイ

デジタル大辞泉の解説

しゅんくにたい【春国岱】

北海道東部にある風蓮湖オホーツク海(根室湾)とを隔てる砂州。長さ約8キロ、最大幅1.3キロ。草原、森林、塩性湿原など多様な生態系がある。平成17年(2005)、風蓮湖とともにラムサール条約に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

春国岱【しゅんくにたい】

北海道根室市,根室半島の基部にある砂州。根室湾内の海流によって運ばれた砂が堆積したもので,湾と汽水湖である風蓮湖とを隔てている。長さ約8km,幅は最大1.3kmにも及び,アカエゾマツトドマツが自生する。
→関連項目根室[市]別海[町]ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

春国岱の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地北海道根室市東梅北海道根室市アカエゾマツ別海(町)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春国岱の関連情報