コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根室本線 ねむろほんせん

6件 の用語解説(根室本線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根室本線
ねむろほんせん

北海道中央部から東部にいたる鉄道。 JR北海道。滝川-根室間 443.8km。 1905年帯広-釧路間,07年富良野-帯広間 (1900年開通の旭川-富良野間と連絡) ,13年滝川-富良野間,21年釧路-根室間が開通して全通,根室本線と命名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ねむろ‐ほんせん【根室本線】

北海道、滝川から帯広釧路を経て根室に至るJR線。大正10年(1921)全通。全長443.8キロ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

根室本線【ねむろほんせん】

北海道滝川〜根室(日本最東端の鉄道駅)間のJR線。営業キロ443.8km。北海道中部と道東を結ぶもので,赤平,芦別,富良野,帯広,釧路などの都市を連ねる。1900年から逐次開業し,1921年全通。
→関連項目根室[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねむろほんせん【根室本線】

函館本線滝川駅を起点とし,富良野(ふらの),帯広,釧路を経て根室駅に至る443.8kmのJR北海道の営業線。北海道内の重要幹線として釧路側から建設を開始し,まず釧路~庶路間が1901年7月開業,05年10月に帯広まで全通し,当時は釧路線と呼ばれた。07年9月に富良野~帯広間(十勝線)が開業し,これに伴いすでに開通していた旭川~富良野間をあわせて釧路~旭川間を釧路線と改めた。13年11月滝川~富良野間の現在ルートが開通し,滝川~釧路間を釧路本線,旭川~富良野間を富良野線とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねむろほんせん【根室本線】

JR 北海道の鉄道線。函館本線の滝川から、帯広・釧路を経て根室に至る。443.8キロメートル。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根室本線
ねむろほんせん

北海道旅客鉄道の線路名称。滝川―帯広(おびひろ)―釧路(くしろ)―根室間443.8キロメートル。道東地方を道央と結ぶ北海道の幹線鉄道。石狩(いしかり)平野北部から空知(そらち)川の河谷をさかのぼり、富良野(ふらの)盆地を経て、狩勝(かりかち)峠付近を新狩勝トンネル(長さ5648メートル)で貫き、十勝平野、釧路平野、根釧(こんせん)原野南部を経由して根室半島に至る。全線単線、非電化。旭川(あさひかわ)より十勝線、釧路より釧路線の名称で建設を進め(北海道官設鉄道)、1899~1907年(明治32~40)旭川―釧路間を開業し、帯広を両線の境界とした。1909年の線路名称の制定で両線を統合して釧路線としたが、1913年(大正2)道央地方からのルート短縮を図った滝川―富良野間の開業とともに、これを編入して、滝川―釧路間を釧路本線、旭川―富良野間を富良野線とした。1917~1921年、線路をさらに東進させて釧路―根室間を開業し、その全通とともに線名を根室本線と改めている。1966年(昭和41)脊梁(せきりょう)山脈を横断する狩勝峠越えの急勾配(こうばい)を緩和するため、新得(しんとく)―落合間で新狩勝トンネルを経由するルートへの変更が行われた。
 1981年、千歳(ちとせ)空港(現、南千歳)―新得間を走る石勝(せきしょう)線の開業によって、十勝・釧路地方と道央地方とを結ぶルートは大きく短絡され、主要な都市間連絡列車は新得以西では石勝線経由となって、在来の滝川―新得間の重要性は低下し、輸送需要の少ない釧路―根室間とともに実質的にはローカル線となっている。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道に所属。釧路―根室間には花咲(はなさき)線の愛称がある。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

根室本線の関連情報