コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根室湾 ねむろわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根室湾
ねむろわん

北海道東部,根室半島野付崎に囲まれた湾。湾内の水深 50m以下で冬季は結氷。湾岸沿いに風蓮湖温根沼の潟湖があり,一帯は野付風蓮道立自然公園に指定。湾内ではサケの定置網漁が行われ,南岸に根室港がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねむろわん【根室湾】

北海道東部,根室半島の北側,根室海峡に向かって開く湾。湾口は広く,幅は約30kmにおよび,湾内はおおむね水深20m以下の浅海である。沿岸漁業の好漁場となっており,サケ,マス,ホタテなどの漁獲物が多い。湾岸は断崖が多く,湾内には東岸に根室港があるが,1月下旬から4月上旬にかけて結氷することに加えて,第2次大戦後,千島列島への玄関口としての機能を失ってからは根室半島南岸の不凍港花咲(はなさき)港が北洋漁業の基地として利用されることが多くなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねむろわん【根室湾】

北海道東部、根室半島と野付半島の間の湾。根室海峡南西部。湾の南の風蓮湖・温根沼は、白鳥の飛来地として有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕根室湾(ねむろわん)


北海道東部、根室海峡南部の湾。根室半島北岸のノッカマップ岬と野付(のつけ)崎に抱かれる。湾奥の砂州で隔てられた風蓮(ふうれん)湖・温根沼(おんねとう)はハクチョウ飛来地として有名。沿岸ではサケ定置網漁が盛ん。ノッカマップ岬西方約8kmに重要港湾の根室港がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根室湾
ねむろわん

北海道東部、根室半島から北方の野付(のつけ)崎にかけての海域で、根室海峡を隔てて国後(くなしり)島までの間をさす。南は隆起海食台の根室半島が横たわり、西は根釧(こんせん)台地の末端が根室湾に向かって傾斜しているため、河川はいずれも東流している。東部にある根室港は、かつては千島(ちしま)、歯舞(はぼまい)群島との連絡航路の基点であった。[進藤賢一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

根室湾の関連情報