コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春巌祖東 しゅんがん そとう

1件 の用語解説(春巌祖東の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春巌祖東 しゅんがん-そとう

1352-1414 南北朝-室町時代の僧。
文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年生まれ。曹洞(そうとう)宗。美濃(みの)(岐阜県)妙応寺の大徹宗令(だいてつ-そうれい)の法をつぐ。応永7年竺山得仙(ちくさん-とくせん)にまねかれて能登(のと)(石川県)総持寺にはいり,のち大隅(おおすみ)(鹿児島県)瑞光寺をひらいた。応永21年10月28日死去。63歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。俗姓は伴。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

春巌祖東の関連キーワード正平文和汪応祖小田孝朝後光厳天皇巨勢行忠近衛経忠四条隆資細川頼春細川顕氏

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone