コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日井新一郎 かすがい しんいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日井新一郎 かすがい-しんいちろう

1892-1952 昭和時代の土壌肥料学者。
明治25年1月2日生まれ。ドイツに留学後,昭和14年母校東京帝大の教授となる。水耕法,リン酸肥料,水稲の無機栄養生理などを研究。マグネシウム・リン肥料工業の基礎をきずいた。肥料研究所所長。日本土壌肥料学会会長。昭和27年6月3日死去。60歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春日井新一郎
かすがいしんいちろう
(1892―1952)

土壌肥料学者。東京に生まれ、1918年(大正7)東京帝国大学農芸化学科を卒業、1923年に助教授となる。1937年(昭和12)ドイツに留学し、1939年帰国して教授に進んだ。同年、水稲の無機栄養生理の検討によって水稲施肥上の難点を解消する手掛りとなった「水耕法に関する研究」で農学博士の学位を得た。ほかにリン酸肥料について多くの研究があり、そのうち溶成苦土リン肥の研究は溶成苦土リン肥工業開発の基になった。1945年(昭和20)財団法人肥料研究所開設とともに所長、また1945年から1948年には日本土壌肥料学会会長を務め、1952年東大を退官した。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

春日井新一郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android