コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日井新一郎 かすがい しんいちろう

2件 の用語解説(春日井新一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日井新一郎 かすがい-しんいちろう

1892-1952 昭和時代の土壌肥料学者。
明治25年1月2日生まれ。ドイツに留学後,昭和14年母校東京帝大の教授となる。水耕法,リン酸肥料,水稲の無機栄養生理などを研究。マグネシウム・リン肥料工業の基礎をきずいた。肥料研究所所長。日本土壌肥料学会会長。昭和27年6月3日死去。60歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春日井新一郎
かすがいしんいちろう
(1892―1952)

土壌肥料学者。東京に生まれ、1918年(大正7)東京帝国大学農芸化学科を卒業、1923年に助教授となる。1937年(昭和12)ドイツに留学し、1939年帰国して教授に進んだ。同年、水稲の無機栄養生理の検討によって水稲施肥上の難点を解消する手掛りとなった「水耕法に関する研究」で農学博士の学位を得た。ほかにリン酸肥料について多くの研究があり、そのうち溶成苦土リン肥の研究は溶成苦土リン肥工業開発の基になった。1945年(昭和20)財団法人肥料研究所開設とともに所長、また1945年から1948年には日本土壌肥料学会会長を務め、1952年東大を退官した。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春日井新一郎の関連キーワード塩入松三郎麻生慶次郎石塚喜明奥田東鴨下寛川村一水小林房次郎関豊太郎三井進午和田光史

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone