コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日延重 かすが のぶしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日延重 かすが-のぶしげ

1697-1759 江戸時代中期の神職。
元禄(げんろく)10年生まれ。春日紀重(のりしげ)の父。父の跡をつぎ,出雲(いずも)(島根県)比布智(ひふち)神社の祠官となる。元文2年(1737)遷宮に際し,その造営に奉仕。宝暦4年同社古来の寄進帳をつくった。宝暦9年2月15日死去。63歳。出雲出身。名は別に久重,幸重。通称は佐市,造酒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

春日延重の関連キーワードフェルディナンド1世[両シチリア王国]ポンバルスミートンナポリ王国ハレ・ウィッテンベルク大学細井平洲ボルテールワシントン(George Washington)モレリ総合年表(アメリカ)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone