コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最近 サイキン

2件 の用語解説(最近の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さい‐きん【最近】

現在より少し前のある時。また、少し前から現在までの間。副詞的にも用いる。「つい最近の出来事」「最近まで知らなかった」「最近は連絡がない」「最近感動した本」
もっとも近いこと。「太陽に最近の天体」
[用法]最近・近ごろこのごろ――「最近(近ごろ・このごろ)の世相はめまぐるしく変わる」のように、現在を含む近い過去の意では相通じて用いられる。◇「最近(近ごろ・このごろ)は行かない」のように否定の形ではともに使えるが、この場合「最近」が時間的な幅が最も長く、「近ごろ」がそれに次ぐ。「このごろ」は短い期間をいい、「ここのところ」の意が強い。◇「最近就職したばかりだ」のように、現在に近い過去のある特定の時点をさす意では「このごろ」は普通使わない。「近ごろ」は使えるが、なじみが悪く、例は少ない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さいきん【最近】

現在にいちばん近い過去。少し前から今までの間。ちょっと前。ちかごろ。副詞的にも用いる。 「 -買ったばかりの本」 「 -になって判明した」 「 -の情勢」
いちばんそれに近いこと。 「太陽に-の惑星」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

最近の関連情報