最近(読み)サイキン

デジタル大辞泉の解説

さい‐きん【最近】

現在より少し前のある時。また、少し前から現在までの間。副詞的にも用いる。「つい最近の出来事」「最近まで知らなかった」「最近は連絡がない」「最近感動した本」
もっとも近いこと。「太陽に最近の天体」
[用法]最近・近ごろこのごろ――「最近(近ごろ・このごろ)の世相はめまぐるしく変わる」のように、現在を含む近い過去の意では相通じて用いられる。◇「最近(近ごろ・このごろ)は行かない」のように否定の形ではともに使えるが、この場合「最近」が時間的な幅が最も長く、「近ごろ」がそれに次ぐ。「このごろ」は短い期間をいい、「ここのところ」の意が強い。◇「最近就職したばかりだ」のように、現在に近い過去のある特定の時点をさす意では「このごろ」は普通使わない。「近ごろ」は使えるが、なじみが悪く、例は少ない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいきん【最近】

現在にいちばん近い過去。少し前から今までの間。ちょっと前。ちかごろ。副詞的にも用いる。 「 -買ったばかりの本」 「 -になって判明した」 「 -の情勢」
いちばんそれに近いこと。 「太陽に-の惑星」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐きん【最近】

〘名〙
① いくつかあるうちで、場所・位置・時などがある物に最も近いこと。
※暦象新書(1798‐1802)上「恒星中にて、我太陽世界に最近なる者に於て」 〔蔡琰‐胡笳〕
② 話し手が現在身を置いている時点およびそれに近い過去を含めて漠然という。近ごろ。このごろ。副詞的にも用いる。
※邪宗門(1909)〈北原白秋〉例言「即最近三年間の所作にして」
※桐畑(1920)〈里見弴〉ワキ「いや、最近(サイキン)あんなに肥っちまったんだよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最近の関連情報