(読み)サク

デジタル大辞泉の解説

さく【昨】

[名]過ぎ去った日。むかし。また、きのう。
「―の汝が松風明月の怨(うらみ)とこしなえに尽きず」〈啄木・葬列〉
[連体]
今の一つ前の。「シーズン」
きのうの。「一九日」
去年の。「平成六年」

さく【昨】[漢字項目]

[音]サク(漢)
学習漢字]4年
きのう。「昨日昨朝昨夜
一回り前の時期。「昨週昨春昨年一昨年
むかし。以前。「昨今(さっこん)
[難読]一昨日(おととい)一昨年(おととし)昨日(きそ)昨日(きのう)昨夜(きそ)昨夜(よべ)昨夜(ゆうべ)一昨昨日(さきおととい)一昨昨年(さきおととし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さく【昨】

きのう。昨日さくじつ。 「この日冷風-の如く/日乗 荷風

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さく【昨】

〘名〙
① むかし。以前。過去。
※葬列(1906)〈石川啄木〉「昨(サク)の汝が松風明月の怨長なへに尽きず」 〔鮑照‐歳暮悲詩〕
② 「さくじつ(昨日)」の略。
※文華秀麗集(818)上・尋良将軍華山庄、将軍失期不在〈仲雄王〉「君家白雲東嶺下、昨対宮内暮相期」
③ (ある時間の幅や時期を表わす名詞などの上に付き、接頭語的に用いて) 現在のすぐ前の日、月、年であることを示す。
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)三「昨(サク)卯の刻より御登城。殊のふお隙の入し事嘸(さぞ)お労(つかれ)でござりませふ」 〔史記‐灌夫伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昨の関連情報