コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭和電工事件 しょうわでんこうじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭和電工事件
しょうわでんこうじけん

1948年に起った疑獄事件で,芦田均内閣の崩壊の原因となった。食糧増産政策に関する復興金融金庫と肥料メーカー昭和電工との間の 20億円にわたる財政資金をめぐる贈収賄容疑で,同年6月 23日,当時の昭電社長日野原節三,興業銀行副総裁二宮善基が検挙され,9月には経済安定本部長栗栖赳夫大野伴睦,大蔵省主計局長福田赳夫らが逮捕され,捜査が芦田の身辺にも及び前副総理西尾末広も逮捕されたため,10月に内閣は総辞職した。 12月には芦田も逮捕され,44人が起訴された。 58年に日野原,栗栖のみが有罪,収賄側は政治資金と考え,賄賂と認識しなかったとし無罪となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

昭和電工事件【しょうわでんこうじけん】

昭電疑獄

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昭和電工事件
しょうわでんこうじけん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

昭和電工事件の関連キーワード民主党[日本]山本 清二郎政治的腐敗塚本 重頼井本 台吉竹田 儀一芦田均

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android