コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田赳夫 ふくだたけお

7件 の用語解説(福田赳夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福田赳夫
ふくだたけお

[生]1905.1.14. 群馬
[没]1995.7.5. 東京
政治家。東京大学を卒業。大蔵省に入る。 1948年主計局長時代,昭和電工事件で起訴されたがのち無罪。 52年衆議院議員に当選。岸信介と結ぶ。以来 90年に引退するまで当選 14回。 1959年岸政権のもとで自由民主党幹事長,農相。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふくだ‐たけお〔‐たけを〕【福田赳夫】

[1905~1995]政治家。群馬の生まれ。農相・蔵相・外相を歴任したのち、昭和51年(1976)首相。日中友好条約を締結。「昭和元禄」「狂乱物価」などを造語する。昭和53年(1978)退陣。長男の康夫も平成19年(2007)首相に就任した。→大平正芳

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

福田赳夫【ふくだたけお】

政治家。群馬県出身。1929年東大法学部卒。大蔵省に入り,1948年昭電疑獄の収賄容疑で起訴され退官。1952年政界入りし,農相,蔵相,外相などを歴任。1976年三木武夫退陣の後をうけて自民党総裁,首相に就任,1978年退任。
→関連項目大平正芳小泉純一郎自由民主党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田赳夫 ふくだ-たけお

1905-1995 昭和後期-平成時代の政治家。
明治38年1月14日生まれ。昭和5年大蔵省にはいり,25年主計局長で退官。27年衆議院議員(当選14回,自民党)。党幹事長,第2次岸内閣の農相をはじめ,蔵相,外相,再度の幹事長,蔵相などをへて,51年首相となる。親台湾の立場をこえて,53年日中平和友好条約を締結した。平成7年7月5日死去。90歳。群馬県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふくだたけお【福田赳夫】

1905‐95(明治38‐平成7)
昭和戦後期の政治家。群馬県出身。東大卒。大蔵省に入る。銀行局長,主計局長を歴任,1948年(昭和23)昭電疑獄に連坐したが58年に無罪。1952年無所属で衆議院に初当選し,自由党民主党を経て自民党岸信介派に所属。岸内閣で党幹事長・農相。池田勇人内閣で党政調会長となったが,池田高度経済成長政策を批判し,党風刷新連盟を作り党内反主流活動を展開。佐藤栄作内閣成立に貢献し,蔵相,幹事長,外相を歴任。ポスト佐藤の本命と目されたが,72年の総裁選で田中角栄に敗れ,田中内閣では前任者愛知揆一急死後の蔵相。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふくだたけお【福田赳夫】

1905~1995) 政治家。群馬県生まれ。東大卒。大蔵省主計局長を経て政界入り。蔵相・外相などを歴任し1976年(昭和51)に首相。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福田赳夫
ふくだたけお
(1905―1995)

政治家。明治38年1月14日群馬県群馬郡金古(かねこ)町(現高崎市)生まれ。東京帝国大学法学部から大蔵省に入る。1947年(昭和22)主計局長となるが翌1948年昭電疑獄に連座して退官。のち政界入りして1952年総選挙で当選、以後連続当選。岸信介(のぶすけ)と行動をともにし1959年岸内閣のもとで自民党幹事長、農相を歴任。佐藤栄作政権誕生に大きく貢献しその功によって佐藤内閣で1965年蔵相になったほか党幹事長、外相を歴任、佐藤の後継者と目されたが、1972年総裁戦で田中角栄に敗れた。その後1973年蔵相として入閣した以外は一貫して田中批判勢力の中心。1976年首相就任、外交面では一定の成果をあげたが、景気回復の失敗とそのタカ派的姿勢が反発を招き、1978年総裁予備選で大平正芳(まさよし)に敗れ退陣。保守本流のなかでは岸の流れを継いで右寄りに位置し親台湾グループの一人。また「経済の福田」を自認し財界主流に多くの支持者をもった。[伊藤 悟]
 1990年(平成2)に政界を引退。長男の康夫(やすお)が後継者として衆議院議員となり、2007年(平成19)9月から2008年9月まで首相を務めた。[編集部]
『古沢健一著『福田赳夫と日本経済』(1983・講談社) ▽清宮竜著『福田政権・714日』(1984・行政問題研究所出版局) ▽福田赳夫著『回顧九十年』(1995・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の福田赳夫の言及

【疑獄】より

…〈疑獄〉という言葉は,元来入獄させるか否かが明確でなく,犯罪事実があいまいな事件を意味する。この種の事件は多かれ少なかれ政・官・財界に波及するため,現在では政治問題化した利権関係事件の総称となっている。政治問題として社会的に大きく取りあげられ,ジャーナリズムによる声高な批判を代償として,刑事事件としては訴追されることがきわめて少ないのが疑獄事件の特徴といってよい。 明治初期においては,山県有朋が関与したといわれる山城屋事件など,藩閥政府と政商とが特権の供与をめぐって直接結びついたケースがあり,多くは表沙汰にならなかった。…

【昭電疑獄】より

…48年4月,衆議院不当財産取引調査委員会がこの問題を取り上げてから政治問題となり,警視庁は5月22日,昭和電工本社を強制捜査,6月23日には日野原を逮捕した。事件は拡大し,9月に元農林政務次官重政誠之,大蔵省主計局長福田赳夫,民主自由党顧問大野伴睦,興業銀行副総裁二宮善基,経済安定本部長官・前蔵相栗栖赳夫,10月には前副総理西尾末広らが逮捕された。芦田内閣は10月7日ついに総辞職し,芦田も12月7日に逮捕された。…

※「福田赳夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福田赳夫の関連キーワード田辺誠小峯柳多中島源太郎藤枝泉介最上政三持田栄一八木一男山手満男渡辺昭夫川人貞史

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福田赳夫の関連情報