昼三(読み)ちゅうさん

精選版 日本国語大辞典「昼三」の解説

ちゅう‐さん チウ‥【昼三】

〘名〙 江戸、新吉原での遊女の格の一。また、その遊女。散茶女郎から出たものといわれ、揚げ代が昼夜で三分であったところからの称であるが、実際には揚げ代には種々差があった。宝暦一七五一‐六四)以降、大夫、天神の廃絶したあとは最高の位となった。
※洒落本・郭中奇譚(1769)「三歩(チウサン)になるものがそのやうにでうだんするものか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「昼三」の解説

ちゅう‐さん〔チウ‐〕【昼三】

《昼夜それぞれの揚げ代が3分であったところから》江戸新吉原での遊女の階級の一。また、その遊女。宝暦(1751~1764)以降は最高の階級。
[補説]「中三」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android