コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時季指定権

1件 の用語解説(時季指定権の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

時季指定権

時季指定権とは、従業員が年次有給休暇を取得する時季を決められる権利である。
・この権利は法が付与した形成権である。(この権利は請求権であるという学説もあるが、年次有給休暇は従業員が請求して作用する権利(請求権)というより、権利者(従業員)の一方的な権利の行使により作用する権利(形成権)という学説の方がより、判例で支持されているため、今回は形成権で定義している)
・時季とは、「季節と具体的時期」を含んだ考えである。時季指定をする方法としては、季節を指定後、詳細時期は随時使用者と調整をする場合と、初めから労働者が具体的時期を指定する場合がある。
・使用者は、基本的には従業員が時季指定権を行使した日に、従業員に有給休暇を付与しなければならない。
・但し、請求された時季に有給休暇を与えることで、事業の正常な運営を妨げる場合は、時季の変更をすることができる。(時季変更権)

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
人材マネジメント用語集について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

時季指定権の関連情報