コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時季指定権

1件 の用語解説(時季指定権の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

時季指定権

時季指定権とは、従業員が年次有給休暇を取得する時季を決められる権利である。
・この権利は法が付与した形成権である。(この権利は請求権であるという学説もあるが、年次有給休暇は従業員が請求して作用する権利(請求権)というより、権利者(従業員)の一方的な権利の行使により作用する権利(形成権)という学説の方がより、判例で支持されているため、今回は形成権で定義している)
・時季とは、「季節と具体的時期」を含んだ考えである。時季指定をする方法としては、季節を指定後、詳細時期は随時使用者と調整をする場合と、初めから労働者が具体的時期を指定する場合がある。
・使用者は、基本的には従業員が時季指定権を行使した日に、従業員に有給休暇を付与しなければならない。
・但し、請求された時季に有給休暇を与えることで、事業の正常な運営を妨げる場合は、時季の変更をすることができる。(時季変更権)

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

時季指定権の関連キーワード年次有給休暇有給休暇法定休暇年休有給リフレッシュ休暇付与サバティカル休暇時季変更権未成年者の年次有給休暇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

時季指定権の関連情報