時知らず(読み)トキシラズ

デジタル大辞泉の解説

時(とき)知ら◦ず

時期をわきまえない。四季の区別もなく、年じゅう変化がない。
「―◦ぬ山は富士の嶺(ね)いつとてか鹿(か)の子まだらに雪のふるらむ」〈伊勢・九〉

とき‐しらず【時知らず/時知】

時期・季節を選ばないこと。また、そのような植物、キンセンカトキナシダイコンなどの別名。
(秋の漁獲期に外れていることから)春から夏にかけて、北海道沿岸で獲れる若いサケ。脂がのっていて美味とされる。時鮭。→秋味鮭児

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときしらず【時知らず】

季節を選ばないこと。また、そのもの。
キンセンカ・トキナシダイコン・フユイチゴ・ヒナギクなどの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とき【時】 知(し)らず

① 時の移って行くのに気づかない。時代の流れを知らない。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「かく時もしらぬすまひせし程に、とし月すぎけるも知られざりつるほどに」
② 時節を選ばない。季節にかかわらない。また、そのことやもの。
※尾張家本増鏡(1368‐76頃)一五「御製、時知らぬ花もときはの色に咲けわが九重は万づ代の春」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時知らずの関連情報