コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時知らず トキシラズ

デジタル大辞泉の解説

時(とき)知ら◦ず

時期をわきまえない。四季の区別もなく、年じゅう変化がない。
「―◦ぬ山は富士の嶺(ね)いつとてか鹿(か)の子まだらに雪のふるらむ」〈伊勢・九〉

とき‐しらず【時知らず/時知】

時期・季節を選ばないこと。また、そのような植物、キンセンカトキナシダイコンなどの別名。
(秋の漁獲期に外れていることから)春から夏にかけて、北海道沿岸で獲れる若いサケ。脂がのっていて美味とされる。時鮭。→秋味鮭児

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ときしらず【時知らず】

季節を選ばないこと。また、そのもの。
キンセンカ・トキナシダイコン・フユイチゴ・ヒナギクなどの異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

時知らずの関連キーワード出物腫れ物所嫌わず裏旬時鮭

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時知らずの関連情報