晨朝(読み)じんじょう

精選版 日本国語大辞典「晨朝」の解説

じん‐じょう ‥デウ【晨朝】

〙 (「しんちょう」「じんちょう」とも)
① 仏語。一昼夜を六分した六時・日中・日没初夜中夜後夜)の一つ。(たつ)の刻。現在の午前八頃。
※霊異記(810‐824)上「晨朝の時に至りて、鬼已に頭髪を引きれて逃げたり」
② 仏語。寺院で行なう朝の勤行
今昔(1120頃か)一七「亦常に持斉して毎日の晨朝に、地蔵の宝号一百八反唱ふ」
※光悦本謡曲・三井寺(1464頃)「後夜の鐘を撞く時は、是生滅法と響く也。晨朝の響きは、生滅滅已入相は、寂滅為楽と響きて」

しん‐ちょう ‥テウ【晨朝】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「晨朝」の解説

じん‐じょう〔‐デウ〕【×晨朝】

《「しんちょう」「じんちょう」とも》六時の一。の刻。現在の午前6時ごろ。また、その時に行う勤行ごんぎょう。朝の勤め。

しん‐ちょう〔‐テウ〕【×晨朝】

じんじょう(晨朝)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android