晨朝(読み)ジンジョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐じょう ‥デウ【晨朝】

〘名〙 (「しんちょう」「じんちょう」とも)
① 仏語。一昼夜を六分した六時(朝・日中・日没・初夜中夜後夜)の一つ。辰(たつ)の刻。現在の午前八時頃。
※霊異記(810‐824)上「晨朝の時に至りて、鬼已に頭髪を引きれて逃げたり」
② 仏語。寺院で行なう朝の勤行。
※今昔(1120頃か)一七「亦常に持斉して毎日の晨朝に、地蔵の宝号一百八反唱ふ」
※光悦本謡曲・三井寺(1464頃)「後夜の鐘を撞く時は、是生滅法と響く也。晨朝の響きは、生滅滅已、入相は、寂滅為楽と響きて」

しん‐ちょう ‥テウ【晨朝】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

晨朝の関連情報