六時(読み)ロクジ

大辞林 第三版の解説

ろくじ【六時】

〘仏〙 一昼夜を六分していう語。すなわち、晨朝じんじよう・日中・日没にちもつ・初夜・中夜・後夜ごやのこと。この時間ごとに懺悔ざんげ・念仏などの勤めをする修行が行われた。また、一昼夜・一日中。 「 -不断の香の煙もたえやしぬらん/平家 2
時刻の名の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

むつ‐どき【六時】

〘名〙 =むつ(六━)④〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕

ろく‐じ【六時】

〘名〙
仏語。昼夜を六分した念仏読経の時刻。すなわち晨朝(じんじょう)・日中・日没(にちもつ)・初夜・中夜・後夜(ごや)の称。
霊異記(810‐824)中「六時毎に願ひて云はく」 〔阿彌陀経
② 仏語。阿羅漢には時を待って解脱をうるものと、時を待たないで解脱をうるものの二種があり、その前者が解脱をうる勝れた縁となるときを六つかぞえたもの。好衣や好食・好臥具・好処所・好説法・好同学を得るときに解脱するという。〔阿毘曇毘婆沙論‐五一〕
③ 時刻の名称の一つ。一昼夜を二十四分した、その六番目の時刻。また、一昼夜を午前と午後とに分け、それぞれを十二分した、それぞれの六番目の時刻。
④ 昼夜を六等分して一二時にした時刻法の半日。明六つ(刻)から暮六つ(刻)までは昼の六時、酉から卯までが夜の六時。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六時の関連情報