六時(読み)ろくじ

精選版 日本国語大辞典「六時」の解説

ろく‐じ【六時】

〘名〙
① 仏語。昼夜を六分した念仏読経時刻。すなわち晨朝(じんじょう)日中日没(にちもつ)・初夜・中夜・後夜(ごや)
※霊異記(810‐824)中「六時毎にひて云はく」 〔阿彌陀経
② 仏語。阿羅漢には時を待って解脱をうるものと、時を待たないで解脱をうるものの二種があり、その前者が解脱をうる勝れた縁となるときを六つかぞえたもの。好衣や好食・好臥具・好処所・好説法・好同学を得るときに解脱するという。〔阿毘曇毘婆沙論‐五一〕
③ 時刻の名称の一つ。一昼夜を二十四分した、その六番目の時刻。また、一昼夜を午前と午後とに分け、それぞれを十二分した、それぞれの六番目の時刻。
④ 昼夜を六等分して一二時にした時刻法の半日。明六つ(卯刻)から暮六つ(刻)までは昼の六時、酉からまでが夜の六時。

むつ‐どき【六時】

〘名〙 =むつ(六━)④〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android