コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六時 ロクジ

大辞林 第三版の解説

ろくじ【六時】

〘仏〙 一昼夜を六分していう語。すなわち、晨朝じんじよう・日中・日没にちもつ・初夜・中夜・後夜ごやのこと。この時間ごとに懺悔ざんげ・念仏などの勤めをする修行が行われた。また、一昼夜・一日中。 「 -不断の香の煙もたえやしぬらん/平家 2
時刻の名の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

六時の関連キーワード盗人の隙はあれども守り手の隙がない二九時五九分五九秒(三〇時制)六時の讃・六時の讚六時礼讃・六時礼讚明け六つ・明六つ晨朝・じんちょう六時屋タルト夜話・夜咄ハイティー六時の勤め六時の勤行四六時中六つ切り暮れ六つ四天王寺六時三昧二六時中六時礼賛六時礼讃一昼夜

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六時の関連情報