コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂滅為楽 じゃくめついらく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寂滅為楽
じゃくめついらく

この人生はすべて苦であるのに対し,仏教の究極的理想の境地であるニルバーナ (→涅槃 ) は,すべての苦しみ,悩みから離れた,絶対に安静で,真の楽しみの境地であるということ。『涅槃経』に説かれる諸行無常偈の第四句。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゃくめつ‐いらく〔‐ヰラク〕【寂滅為楽】

仏語。涅槃(ねはん)の境地に至って、初めて真の安楽を得ることができるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃくめついらく【寂滅為楽】

涅槃経の偈にある語。寂滅が真の楽しみである、の意。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寂滅為楽の関連キーワード鐘(楽器)伊呂波歌いろは歌雪山偈仏語寂滅半偈

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android