普天(読み)ふてん

精選版 日本国語大辞典「普天」の解説

ふ‐てん【普天】

〘名〙 (「」は広くゆきわたる意) あまねくおおう広大な。転じて、全世界。普天率土
※続日本紀‐養老六年(722)一一月丙戌「太上天皇奄弃普天」 〔揚雄‐長楊賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「普天」の解説

【普天】ふてん

天の覆う下。溥天。〔左伝、昭七年〕小雅北山)に曰く、普(溥)天の下 王土に非ざる(な)く 土の濱 王臣に非ざるしと。

字通「普」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android