王土(読み)オウド

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐ど ワウ‥【王土】

〘名〙 帝王の支配する領土。国王の領地。王地。
※家伝(760頃)上「普之下、莫王土、率土之浜、莫王臣也」
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「王土(ワウド)にすみながら、いかでか朝敵となり給ふべき」 〔詩経‐小雅・北山〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の王土の言及

【王土思想】より

…天の下にひろがる土地はすべて天の命を受けた帝王の領土であり,その土地に住む人民はことごとく帝王の支配を受くべきものとする思想。王土王民思想。《詩経》の小雅に見える〈溥天之下,王土に非ざる莫く,率土之浜,王臣に非ざる莫し〉という詩句は,その例としてしばしば引かれる。…

※「王土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王土の関連情報