コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普遍人 ふへんじんuniversal man

世界大百科事典 第2版の解説

ふへんじん【普遍人 universal man】

多面的才能を兼ねそなえた人間。スイスの史家ブルクハルトが《イタリアにおけるルネサンス文化》(1860)のなかで,ルネサンスが生んだ万能の天才を〈普遍人uomo universale〉として特色づけて以来,広く使用されるようになった。普遍人は,特異な狭い領域にのみ才能を発揮する〈異才人uomo singolare〉と対比され,他方,狭くはないがその広さが特定の領域,たとえば学識や芸術にのみ限られる百科全書的知識人や万能芸術家とも区別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

普遍人の関連キーワードアグリッパ[ネッテスハイムの]レオナルド・ダ・ビンチ戦争と平和の法池原 季雄世界法

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

普遍人の関連情報