コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景物画 けいぶつが

世界大百科事典 第2版の解説

けいぶつが【景物画】

やまと絵に関する現代の概念。季節と結びついた行事や動植物,自然の風物を〈景物〉と規定し,これらを描いた絵画をいう。おもに障屛画について用いる。古来の用語では四季絵月次絵(つきなみえ)がこれにあたるが,名所絵も描かれたモティーフの上からは景物画といえる。景物画という概念を導入することによって,古代から近世に至るやまと絵の系譜を新しい目でとらえ直すことができる。【千野 香織】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android