コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四季絵 しきえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四季絵
しきえ

春夏秋冬のに人事や自然を選び描いた絵画。平安時代初・中期 (9世紀末~10世紀) に和歌と結びついた屏風障子絵の主要な部門となり,月次絵 (つきなみえ) の同義語として用いられた場合もある。四季絵の概念は中世以後も長く日本絵画の基調となり,絵巻物の構成法や水墨の山水図巻,山水花鳥の屏風絵など,画面を四季の順を追って構成統一する伝統は近世まで継承されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しき‐え〔‐ヱ〕【四季絵】

春夏秋冬の自然や人事・風俗の移り変わりが一目で見られるように屏風(びょうぶ)や障子などに描いた絵。四季の絵。→月次(つきなみ)絵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

四季絵【しきえ】

春夏秋冬の四季の風物を描いた絵で,原則として(ふすま)や屏風(びょうぶ)に描かれた。9世紀後半に始まり,上代大和絵(やまとえ)で最も盛行月次絵(つきなみえ)や名所絵と組み合わされた形で表現されたものが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきえ【四季絵】

屛風絵や障子絵など一連の構図をなす画面を四季の景物で構成したものを四季絵と呼ぶ。平安時代,和歌を主題とした屛風絵,障子絵の流行は,四季おりおりの自然や人事を詠じた和歌の内容を趣深く描き出す四季絵を生み,一年12ヵ月の月々の行事・景趣を描きわけた月次(つきなみ)絵とともに,やまと絵の主要な題材となった。四季絵の各画面は,春は桜に柳,夏は松に藤といった定型的なモティーフに象徴される風景画であるとともに,田園で働く農夫や狩人,旅人などそれぞれの季節にふさわしい風俗的な要素をも含み,しかも全体として四季の推移という総合的なテーマのもとに統一されていたと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しきえ【四季絵】

春夏秋冬の風物を季節順に一連の画面の絵として屛風びようぶや襖ふすまに書いたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四季絵の言及

【大和楽】より

…三味線音楽の一種目。1933年大倉財閥の2代目大倉喜七郎(1882‐1963)が創始。邦楽に洋楽の発声をとり入れたもので,東明節(とうめいぶし)の影響も認められる。新邦楽の一つの典型とされ,富崎春昇(1880‐1958),宮川源司(清元栄寿郎,1904‐63),原信子(1893‐1979)らが指導者で,代表的な歌い手は岸上きみ(1898‐1962),三島儷子(1905‐88)らであった。68年2派に分裂し,三島改め大和美代葵(みよき)と大和久満(ひさみつ)(芳村伊十七,1938‐ )らの派が活躍。…

※「四季絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

四季絵の関連キーワード洛中洛外図春夏秋冬藤原信実障壁画障屏画山水画景物画風俗画縮景月次庭園絵巻

四季絵の関連情報