智母(読み)ちも

精選版 日本国語大辞典 「智母」の意味・読み・例文・類語

ち‐も【智母】

  1. [ 1 ] 〘 名詞 〙 仏語
    1. ( [梵語] jñeya 爾炎の訳 ) 知るはたらきの対象となるもの。所知、境などとも訳す。智を生ずるもととなるところからいう。〔勝鬘経義疏(611)〕
    2. 十二部経のなか優婆提舎(うばだいしゃ)、三蔵のなかの論蔵をいう。智や行を生ずるもとという意で、母の称が用いられる。
  2. [ 2 ] ( 「智」が仏の本性であるところから ) 智慧をつかさどる文殊菩薩のことをいう。仏母覚母
    1. [初出の実例]「文殊師利菩薩の諸仏の智母とましませど」(出典:法華修法一百座聞書抄(1110)三月二日)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワーキングホリデー

協定締結国の国民に対し,休暇の機会と,その間の滞在費用を補う程度の就労を認める査証(ビザ)を発給する制度。二国間の協定に基づき,国際的視野をもった青少年を育成し,両国間の相互理解と友好関係を促進するこ...

ワーキングホリデーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android