智母(読み)ちも

精選版 日本国語大辞典「智母」の解説

ち‐も【智母】

[1] 〘名〙 仏語。
① (jñeya 爾炎の訳) 知るはたらきの対象となるもの。所知、などとも訳す。智を生ずるもととなるところからいう。〔勝鬘経義疏(611)〕
② 十二部経のなかの優婆提舎(うばだいしゃ)、三蔵のなかの論蔵をいう。智や行を生ずるもとというで、母のが用いられる。
[2] (「智」が仏の本性であるところから) 智慧をつかさどる文殊菩薩のことをいう。仏母。覚母。
※百座法談(1110)三月二日「文殊師利菩薩諸仏の智母とましませど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android