コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智洞(2) ちどう

1件 の用語解説(智洞(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智洞(2) ちどう

1736-1805 江戸時代中期-後期の僧。
元文元年生まれ。浄土真宗本願寺派。京都浄教寺の住職。明和4年の智暹(ちせん)との対論で知られる。寛政9年西本願寺学林の7代能化(のうけ)となる。功存(こうぞん)の説をうけついで三業惑乱(さんごうわくらん)をひきおこし,幕府に処罰された。文化2年10月22日死去。70歳。京都出身。号は桃花坊。著作に「高僧和讃講林」「般舟讃講林」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

智洞(2)の関連キーワード吾妻永随川上渭白皐月平砂(3代)佐脇嵩雪島篆癖歳長(陸奥守系・3代)花江戸住藤吉子虎本目親辰森陽信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone