智暹(読み)ちせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智暹 ちせん

1702-1768 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)15年10月生まれ。浄土真宗本願寺派の若霖(じゃくりん)に師事。郷里の播磨(はりま)(兵庫県)真浄寺の住職となる。明和元年「浄土真宗本尊義」をあらわして,同門の法霖,義教を批判し(明和の法論),本山から同書の絶版を命じられる。明和5年5月14日死去。67歳。没後「略述法身義」と改題して再刊をゆるされた。字(あざな)は慈等。号は遊心斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android