コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暴力行為等処罰ニ関スル法律 ぼうりょくこういとうしょばつニかんスルほうりつ

2件 の用語解説(暴力行為等処罰ニ関スル法律の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暴力行為等処罰ニ関スル法律
ぼうりょくこういとうしょばつニかんスルほうりつ

大正 15年法律 60号。集団的,常習的な暴力行為などを重く罰することを定めた法律。5ヵ条から成り,集団的に,または常習として暴行,脅迫,器物損壊を行なった者の加重処罰の規定 (1,1条ノ3) をはじめ,集団的常習的面会要請,強談威迫 (2条) ,集団的暴力事犯に対し,金品そのほかの財産上の利益あるいは職務を供与し,またはその申込みもしくは約束をする行為などを罰している (3条) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

暴力行為等処罰ニ関スル法律
ぼうりょくこういとうしょばつにかんするほうりつ

団体または多衆による集団的な暴行、脅迫、器物損壊、面会強請、強談威迫などをとくに重く処罰するため、1926年に制定された法律。大正15年法律第60号。争議等を目的とする暴行、脅迫、誹毀(ひき)等を処罰する治安警察法第17条の削除に伴って、この法律が制定された。この法律は「暴力団」による集団的暴力の横行に対処するという名目で制定されたが、実際には、成立当初から、政府答弁に反して労働運動や小作争議に適用された。制定当初は3か条と附則からなっていたが、1964年(昭和39)の改正により第1条の2と第1条の3が新設された。現行法には、集団的暴行、脅迫、毀棄の加重類型(1条)、銃砲刀剣類による加重傷害(1条の2)、常習的な傷害、暴行、脅迫、毀棄の加重類型(1条の3)、集団的、常習的な面会強請・強談威迫の罪(2条)、集団犯罪等請託の罪(3条)が規定されている。なお、このうち1条の2の加重傷害は国外犯も処罰される(1条の2第3項)。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の暴力行為等処罰ニ関スル法律の言及

【暴力行為等処罰法】より

…正称は,〈暴力行為等処罰ニ関スル法律〉という。集団による暴力行為および常習的暴力行為を重く処罰しようとする法律である。…

※「暴力行為等処罰ニ関スル法律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

暴力行為等処罰ニ関スル法律の関連キーワード常習犯部隊因習的常習賭博罪常習累犯窃盗罪暴力行為等処罰法官行造林地集団的自衛権行使と日米の軍事的一体化集団的安全保障集団的エクスタシー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone