曲線計(読み)きょくせんけい(英語表記)curvimeter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曲線計
きょくせんけい
curvimeter

キルビメータともいう。曲線の長さをはかる器具。先端に小車輪がついており,地図上の道路,河川,海岸線など曲りくねっている線上で,この小車輪を回転させると,器体の指示盤の針が回転して経過した長さを示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

曲線計【きょくせんけい】

地図上その他で曲線の長さを測定する測器。キルビメーターとも。側線に沿って回転させる小歯車の運動を大歯車に伝え,大歯車につけられた針の目盛によって曲線の長さを測定する。地図上の道程や河川の長さなどを測定するのに使用する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android