コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書伝 ショデン

デジタル大辞泉の解説

しょ‐でん【書伝】

書経の伝統的な注釈書。
古人が書き残した書物。また、その注釈書など。
「徒(いたづら)に―を学びて、其の母を養はず」〈霊異記・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょでん【書伝】

古くから伝えられた書物。
「書経」の注釈書。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

書伝の関連キーワードサン・ジョバンニ洗礼堂[フィレンツェ]イェンス・ヨハンネス ヨルゲンセンルドルフ・カール ブルトマンロマネスク美術シュピットラー普及福音教会様式史的研究キリシタン版ブルトマン平松 理英トリーティ島袋 光史ルモアーヌ生長の家音楽理論免許皆伝地方文書谷口雅春大内青巒池永一峰

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書伝の関連情報