書伝(読み)しょでん

精選版 日本国語大辞典「書伝」の解説

しょ‐でん【書伝】

〘名〙
① 書経の伝統的な注釈書。孔安国の孔伝、蔡沈の蔡伝などをいう。〔宋史‐芸文志〕
古人が書き記した書物。また、奥義などを書き記して伝えること。
※家伝(760頃)上「幼年好学、博渉書伝
※神皇正統記(1339‐43)上「大倭と云ことは異朝にも納して、書伝にのせたれば此国にのみほめて称するにあらず」 〔史記‐趙奢伝〕

かき‐つた・える ‥つたへる【書伝】

〘他ア下一(ハ下一)〙 かきつた・ふ 〘他ハ下二〙 書いて後世に伝える。
※続拾遺(1278)雑上・一一五五「いにしへの流れの末のたえぬかなかきつたへたる水茎の跡〈藤原家隆〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「書伝」の解説

しょ‐でん【書伝】

書経の伝統的な注釈書。
古人が書き残した書物。また、その注釈書など。
いたづらに—を学びて、其の母を養はず」〈霊異記・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android