書癖(読み)ショヘキ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐へき【書癖】

本を読みたがる癖。読書を好む性癖。
本を買い集める癖。書籍の収集癖。
文字の書き。筆ぐせ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょへき【書癖】

書をよみたがる性癖。
書物をむやみに集める癖くせ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かき‐くせ【書癖】

〘名〙 (「かきぐせ」とも) 書いた文字に見られる特有の傾向。
※月は東に(1970‐71)〈安岡章太郎〉三「見慣れた自分の右下りの書きクセのある字ヅラが眼にうつると」

しょ‐へき【書癖】

〘名〙
書物を愛好する性癖読書を好む性癖。また、書物をむやみに収集したがる性癖。
仮名草子智恵鑑(1660)七「七八歳の比より書法文学等をならはしめ書癖のために家資をつくされ侍れ共」 〔高適‐古楽府飛龍曲〕
② 字の書きぐせ。ふでぐせ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android