コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾谷寿仙 そだに じゅせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾谷寿仙 そだに-じゅせん

1546-1614 織豊-江戸時代前期の医師。
天文(てんぶん)15年生まれ。曾谷慶祐(けいゆう)の子。天正(てんしょう)14年法印となり,豊臣秀吉の腫瘍(しゅよう)をなおす。慶長16年後陽成天皇の潰瘍(かいよう)を治療し,慶法院の称号をあたえられた。慶長19年11月8日死去。69歳。通称は洞庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

曾谷寿仙の関連キーワードアグリコラ(Georgius Agricola)表千家キリシタン関係主要人名足利義晴ペドロ=バウチスタクウェート宗教改革史(年表)千少庵最上義光千少庵