コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイ

デジタル大辞泉の解説

さい【最】

[ト・タル][文][形動タリ]程度がもっともはなはだしいさま。第一番であるさま。多く、「最たる」の形で用いる。「成り金趣味のたるものだ」
[形動][文][ナリ]に同じ。
「僕の一生に大感化を及ぼした者…駒井先生と兼頭君がその―なる者である」〈蘆花思出の記
[接頭]名詞に付いて、もっとも、この上ない、の意を表す。「業界でも大手の会社」「前線」「先端」「優秀選手」

さい【最】[漢字項目]

[音]サイ(呉)(漢) [訓]もっとも も
学習漢字]4年
〈サイ〉もっとも。いちばん。「最悪最近最高最終最初最大最適最良
〈も〉「最中(もなか)最早(もはや)最寄(もより)
[名のり]いろ・かなめ・たかし・まさる・ゆたか・よし
[難読]最中(さなか)

も【最】

[接頭]状態を表す語に付いて、真に、本当に、もっとも、などの意を表す。「中」「寄り」「はや」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さい【最】

[1] ( トタル ) [文] 形動タリ 
程度の最もはなはだしいさま。現代では主に「最たる」の形で用いられる。 「俗物の-たるものだ」
[1] ( 形動 ) [文] ナリ 
に同じ。 「僕の一生に大感化を及ぼしたもの、…と兼頭君とが其-なる者/思出の記 蘆花
( 接頭 )
名詞に付いて、「この上ない」「もっとも」の意を表す。 「 -大手おおて」 「 -先端」 「 -下位」 「 -敬礼」

も【最】

( 接頭 )
〔「真」と同源か〕
状態を表す語に付いて、「真に」「本当に」「もっとも」などの意を表す。 「 -中なか」 「 -寄り」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

最の関連キーワード最密充填構造・最密充塡構造頭の天辺から足の爪先まで大上臈・大上﨟・大上臘長期プライムレート最密充てん構造プレミアリーグ最密パッキング最密充塡構造立方最密充填六方最密充填一丁目一番地ヒリンドン区トップクラス冷帯夏雨気候モヨロ貝塚年初来高値フルバック地球コロナスリーエー大川ミサヲ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最の関連情報