月の井

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

つきのい【月の井】

茨城の日本酒。酒名は、大洗町発祥の民謡・磯節に「波の背に乗る秋の月」と唄われた、当地の見事な月の景色にあやかり命名。また川崎大師境内の井戸「月の井」にちなむともいわれる。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、普通酒をそろえる。平成7、10、16、17、21、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は主に山田錦。仕込み水は那珂川伏流水。蔵元の「月の井酒造店」は慶応元年(1865)創業。所在地は東茨城郡大洗町磯浜町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android