コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月居(読み)げっきょ

世界大百科事典 第2版の解説

げっきょ【月居】

1756‐1824(宝暦6‐文政7)
江戸後期の俳人。姓は江森,名は師心。別号は竹巣,些庵,任地庵,三巣園など。京都の人。家系や前半生の経歴は不明。国学を荒木田久老村田春門に学び,俳諧は蕪村に学んだ。蕪村門では,几董(きとう)と並んでその双へきとされ,蕪村没後には二条家から〈花の本〉の称号を得,その後京坂地方に勢力を張って,江戸の道彦,名古屋の士朗とともに三大家とされた。主な編著は《月居七部集》(1828)にまとめられている。〈卯の花の満ちたり月は二十日頃〉(《続明烏》)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android