コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月居 げっきょ

世界大百科事典 第2版の解説

げっきょ【月居】

1756‐1824(宝暦6‐文政7)
江戸後期の俳人。姓は江森,名は師心。別号は竹巣,些庵,任地庵,三巣園など。京都の人。家系や前半生の経歴は不明。国学を荒木田久老村田春門に学び,俳諧は蕪村に学んだ。蕪村門では,几董(きとう)と並んでその双へきとされ,蕪村没後には二条家から〈花の本〉の称号を得,その後京坂地方に勢力を張って,江戸の道彦,名古屋の士朗とともに三大家とされた。主な編著は《月居七部集》(1828)にまとめられている。〈卯の花の満ちたり月は二十日頃〉(《続明烏》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

月居の関連キーワード立ち待ち月・立待ち月居待ち月・居待月俳句(文学)山口 虎太郎飛田 周山種田政明井関左言一色義道江森月居清水春流井上士朗飛田周山袋田の滝井上遅春久慈山地坂上呉老居待月袋田滝月居城奥久慈

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月居の関連情報