コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月江応雲 げっこう おううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月江応雲 げっこう-おううん

?-1438 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。陸奥(むつ)の人。越中(富山県)立山(りゅうせん)寺の大徹宗令(だいてつ-そうれい)に師事し,その法をつぐ。越中に大山(だいせん)寺をひらいた。のち立山寺の住持をつとめた。永享10年9月29日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

月江応雲の関連キーワード室町時代曹洞

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android