月雄(読み)つきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月雄 つきお

1817-1887 幕末-明治時代の俳人。
文化14年生まれ。我野(あがの)神社(埼玉県飯能市)の神職。江戸にでて羽鳥寥和にまなび,嘉永(かえい)4年4代養仁叟をつぐ。慶応4年平田銕胤(かねたね)に入門し,神道の紹介につとめた。明治20年8月7日死去。71歳。姓は朝日。名は真澄(ますみ),明信。通称は隼人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月雄の関連情報