コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有地品之允 ありち しなのじょう

2件 の用語解説(有地品之允の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有地品之允 ありち-しなのじょう

1843-1919 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)14年3月15日生まれ。有地藤三郎の父。もと長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。明治2年御親兵の大隊軍監となり,翌年渡欧して普仏(ふふつ)戦争を視察。6年海軍に転じ,25年中将。日清(にっしん)戦争時には呉(くれ)鎮守府司令長官,常備艦隊司令長官をつとめた。のち海事協会理事長。大正8年1月17日死去。77歳。名は信政。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

有地品之允

没年:大正8.1.17(1919)
生年:天保14.3.15(1843.4.14)
明治期の海軍軍人。長州(萩)藩士有地蔵馬の3男。幕末期には長州藩先鋒隊の一員として下関(下関市)での外国船砲撃に参加。絵堂(山口県美東町)で高杉晋作率いる藩内の急進派(正義派)諸隊と戦い負傷する。明治3(1870)年普仏戦争視察のため渡欧,4年に御親兵大隊長として陸軍少佐,6年海軍少佐に転じる。常備艦隊司令長官などを経て,25年海軍中将,呉鎮守府司令長官。日清戦争(1894~95)に際して28年5月に再び常備艦隊司令長官となり,台湾占領に従事する。30年貴族院勅選議員。日本海事協会を興し,理事長として海運,海軍を後援。

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有地品之允の関連キーワード徳川達成海軍省広瀬武夫有地藤三郎実吉安純梨羽時起平野勇真木長義真鍋斌吉河為久蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone