有声(読み)ユウセイ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐せい〔イウ‐〕【有声】

声が出ること。声が聞こえること。⇔無声
発音の際、声帯の振動を伴うこと。⇔無声

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうせい【有声】

声が出ること。また、声を出すこと。
〔voiced〕 音声学で、発音に声帯の振動を伴うこと。 ⇔ 無声

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐せい イウ‥【有声】

〘名〙
① 声が出こと。声が聞こえること。〔春秋公羊伝‐宣公八年〕
② 名声があること。〔詩経‐大雅・文王有声〕
音声学で、発音声帯の振動を伴うこと、また、有声音をいう。
※国語学概論(1909)〈亀田次郎〉四編「凡て音を有声、無声二種に分ち其有声音の一部を濁音といひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の有声の言及

【音声学】より

…このとき声帯が振動し声を発する。声を伴う場合を有声voicedという。(3)声帯を少し離れた所まで接近させると,呼気は軽い摩擦音をたてる。…

※「有声」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有声の関連情報