有官別当(読み)うかんのべっとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有官別当
うかんのべっとう

平安時代に栄えた藤原氏子弟の学問所勧学院の役職の一つ。勧学院には,別当,学頭,知院事,案主などの事務職がおかれ,別当には藤原氏が任命された。このうち太政官の弁官を兼帯したものを有官別当といい,弁官を兼帯しないものを無官別当といった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うかん‐の‐べっとう ウクヮンのベッタウ【有官別当】

〘名〙 勧学院の職名の一つ。諸司の判官から選ばれ、藤原氏の私学である勧学院に勤仕した。位階は六位。勧学院別当には他に公卿別当、五位以上の弁官から選ばれた弁別当(べんのべっとう)、六位の散位の者から選ばれた無官別当(むかんのべっとう)などの称がある。〔西宮記(969頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android