コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有峰県立自然公園 ありみねけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有峰県立自然公園
ありみねけんりつしぜんこうえん

富山県南東部にある自然公園。面積 116km2。 1973年指定。富山市の南東方,大山町に属する。常願寺川の支流和田川をせきとめた有峰湖が中心で,鍬崎山 (2089m) をはじめ標高 1500m以上の山に囲まれる。有峰湖の湖畔には青少年の家,キャンプ場があり,薬師岳の登山基地ともなっている。富山地方鉄道有峰口より有峰林道が整備され,湖畔を一周している。また,湖に没した有峰地区を舞台とする中河与一の小説『天の夕顔』の文学碑がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

有峰県立自然公園の関連キーワード常願寺川有峰湖鍬崎山大山有峰

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android