コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有松 ありまつ

大辞林 第三版の解説

ありまつ【有松】

名古屋市緑区にある地名。有松絞で知られる。土蔵造りの町屋が残る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

有松

尾張藩の奨励によって東海道鳴海宿池鯉鮒(ちりゅう=知立)宿の間に1608年に開かれた村。この地で考案された有松絞りが名物となり発展した。1784年の大火で村のほとんどが焼失、その後の復興で現在の町並みができあがったと言われる。江戸末期の築とされる服部家住宅(県指定有形文化財)や江戸期の竹田家住宅(市指定有形文化財)などが残っている。 <伝統的建造物群保存地区> 城下町宿場町など各地に残る歴史的な集落・町並みの保存を図る制度。1975年に始まった。市町村が地区を決定し、条例に基づき保存計画を進める。 特に価値が高いと判断すれば国が「重要伝統的建造物群保存地区」に選定する。重伝建は現在90市町村で110地区ある。県内では、2011年に豊田市の足助地区が選定されている。

(2016-02-27 朝日新聞 朝刊 名古屋・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕有松(ありまつ)


名古屋市緑(みどり)区南東部の地区。東海道の茶屋集落から発展。知多(ちた)木綿を加工した有松絞(しぼり)の製造・販売で栄えた。旧東海道沿いに古い商家・町家が軒を連ね、早くから町並み保存運動が盛んで1984年(昭和59)に名古屋市の町並み保存地区に指定された(国の伝統的建造物群保存地区には未指定)。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有松
ありまつ

名古屋市緑区の一地区。旧有松町。江戸時代は東海道五十三次の鳴海(なるみ)宿の東方の茶屋集落。伝統産業有松絞りの発祥地。絞りは江戸時代初期、竹田庄九郎(しょうくろう)が知多木綿に染色加工して、手ぬぐいや浴衣(ゆかた)地として売り出したのが始まりで、尾張(おわり)藩の保護もあって発展した。現在、絞り問屋をはじめ、江戸末期の土蔵造の町屋が残っていて、県や市の文化財に指定されている建物も多く、名古屋市町並み保存地区に指定されている。名古屋鉄道本線有松駅があり、国道1号線が通じる。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

有松の関連キーワード愛知県名古屋市緑区有松町有松愛知県名古屋市緑区鳴海町愛知県名古屋市緑区おもな講談の演目山本春正(5代)星野勘左衛門名古屋(市)太田の絞り吉村 光治有松鳴海絞桶狭間の戦6月10日竹田庄九郎土蔵造り絞り染め有松英義大逆事件海鼠絞り鈴木金蔵緑[区]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有松の関連情報