コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土蔵造(り) ドゾウヅクリ

デジタル大辞泉の解説

どぞう‐づくり〔ドザウ‐〕【土蔵造(り)】

土蔵のように家の四面を土や漆喰で塗った構造。また、その家屋。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

土蔵造【どぞうづくり】

土蔵の形式をとった耐火建築物江戸時代には江戸や大坂で町屋を土蔵造にすることが奨励され,特に明暦の大火後には御触書(おふれがき)まで出されている。土蔵造の町並としては,埼玉県川越市のものが知られる。
→関連項目民家

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どぞうづくり【土蔵造】

日本建築における耐火構造の一つ。木部の外側を土壁で覆い,白土または漆喰(しつくい)の上塗りをかけたもので,壁厚は30cmに及ぶ。《春日権現験記》に土蔵造の倉が描かれており,遅くとも鎌倉時代初めには倉に用いられたらしい。室町時代末以後は城郭に利用されて発達し,桃山~江戸時代には民家や寺院建築にも広がった。農家ではもっぱら倉に用いられたが,市街地の商家では店舗(店蔵(みせぐら)という)や座敷にも利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土蔵造
どぞうづくり

建物の外観が土蔵のように大壁(おおかべ)で塗り籠(こ)めて、柱などの木の部分を露出しない造り方をいう。耐火性があるため、近世以降は土蔵だけではなしに町家の店舗にも用いられた。壁は柱の外側に間渡(まわたし)を打ち付けて塗られる大壁となるため、大壁造ともいう。また、近世の町家にあっては、一階部分は柱を露出するが、二階は土蔵造とし、窓の格子や軒裏の垂木(たるき)も塗り籠めたものを塗屋造(ぬりやづくり)という。江戸時代末期には、とくに耐火性を考慮して壁を厚くして、窓にも土扉をつけ、一見土蔵風にみえる店舗がつくられる。これを店蔵(みせぐら)とよび、土蔵造の典型的なものである。これに対して、塗屋造は概して大壁が薄い。
 土蔵造の著名な町家は福島県喜多方(きたかた)市、埼玉県川越(かわごえ)市、富山県高岡(たかおか)市など多くの地方に所在し、明治時代以降は大壁を鼠漆喰(ねずみじっくい)・黒漆喰仕上げとすることが多い。また、れんがを要所に用いる土蔵造の店舗も現れる。山形地方では明治時代から店舗に限らず、一般の住居にも土蔵造が取り入れられ、居間や仏間を土蔵造とする例もみられる。[工藤圭章]
『川添登編『蔵』(1980・文芸春秋)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の土蔵造(り)の言及

【壁】より

…また,土壁は柱との納まりの関係から,柱の露出する真壁(しんかべ)式と柱を外側から塗り込んでしまう大壁式とに分けられる。大壁式塗籠の一種である土蔵造は耐火用として中世から倉に用いられ,近世には城郭に用いられておおいに発達した。しかし,この土蔵造は長い間庶民の家には禁じられていたもので,1720年(享保5)出火と飛火防止のため〈土蔵造あるいは塗屋と瓦屋根は,これからはかってに町中の普請で用いてよい〉とされて以来,ようやく民家にも普及した。…

【住居】より

…前土間で台所に四畳半か六畳程度の部屋がついたものが多く,便所も共用であるなど,店持(たなもち)の住居とはかなりの落差があった。防火対策が遅れていた東日本の町屋も,江戸時代の後期になると江戸や川越などの都市で,屋根を瓦で葺き,外壁を厚い土壁で塗った土蔵造の町屋が増加し,西日本の町屋とは異なった外観を呈するようになった。
【近代】
 明治維新以降,日本の社会は急速に西欧の文物の移入を行う。…

【町家(町屋)】より

…防火のため,あるいは富や格式の象徴といわれているが,いまではほとんど見かけなくなっている。大火の多かった江戸では,江戸後期になると,主屋の建物も土蔵と同じように厚い土壁で塗り込め,開口部にも土扉を開閉する土蔵造が普及した。東京には遺構はないが,埼玉県川越市に1877年の大火後に建てられた町家が残っており,重厚な江戸の町家建築をしのばせている。…

※「土蔵造(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報