コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知多木綿 チタモメン

デジタル大辞泉の解説

ちた‐もめん【知多木綿】

愛知県知多半島産の晒(さら)し木綿手拭(てぬぐい)地・絞り地などに用いる。知多晒し。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちたもめん【知多木綿】

愛知県知多半島産の晒さらし木綿。手ぬぐいや絞り染めの地に用いられる。知多晒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

知多木綿
ちたもめん

愛知県知多半島一帯で製織される晒(さらし)木綿。知多晒ともいう。この地方は気候が温暖でワタ栽培に適していたが、1781年(天明1)に中島半右衛門(はんえもん)が伊勢(いせ)国(三重県)の松坂から技術を導入して織り始めたという。経緯(たてよこ)とも16~20番単糸を使い、平織に織り、漂白、糊(のり)付け加工をした小幅織物である。手拭(てぬぐい)地や襦袢(じゅばん)などに使われるが、生産量は少ない。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の知多木綿の言及

【尾張国】より

…織元は自分の仕事場に10台前後の織機をおき,女子奉公人を集めて生産するようになり,製品は江戸や大坂にも出荷された。知多半島では農耕条件に恵まれず,伊勢から晒(さらし)技術を導入して農家婦女子による白木綿(知多木綿)の生産が隆盛をきわめ,仲買たちによって買継問屋に集められ,江戸の大伝馬町白子両組木綿問屋に船で送られた。江戸への移送量は天保初年に20万反,1847年(弘化4)には48万反余に達した。…

【知多半島】より

…伝統産業も多く残され,常滑市では,付近に陶土を産することから常滑焼の古窯が多く,現在もタイル,衛生陶器,陶管など窯業が盛んである。また知多市,東浦町,半田市では知多木綿の名で知られる綿織物業,半田市では食酢,たまりなど醸造業などがある。半島南部には内海,野間,河和(こうわ),篠島,日間賀島など海水浴場や,釣りの適地が多い。…

※「知多木綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

知多木綿の関連キーワード愛知県知多郡阿久比町知多市歴史民俗博物館愛知県知多郡東浦町愛知県知多市愛知県半田市阿久比[町]知多(市)東浦(町)東浦[町]半田[市]服部兼三郎半田(市)阿久比町絞り染め常滑市東浦町晒木綿成岩有松半田

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android