コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知多木綿 チタモメン

3件 の用語解説(知多木綿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちた‐もめん【知多木綿】

愛知県知多半島産の晒(さら)し木綿。手拭(てぬぐい)地・絞り地などに用いる。知多晒し。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちたもめん【知多木綿】

愛知県知多半島産の晒さらし木綿。手ぬぐいや絞り染めの地に用いられる。知多晒。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

知多木綿
ちたもめん

愛知県知多半島一帯で製織される晒(さらし)木綿。知多晒ともいう。この地方は気候が温暖でワタ栽培に適していたが、1781年(天明1)に中島半右衛門(はんえもん)が伊勢(いせ)国(三重県)の松坂から技術を導入して織り始めたという。経緯(たてよこ)とも16~20番単糸を使い、平織に織り、漂白、糊(のり)付け加工をした小幅織物である。手拭(てぬぐい)地や襦袢(じゅばん)などに使われるが、生産量は少ない。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の知多木綿の言及

【尾張国】より

…織元は自分の仕事場に10台前後の織機をおき,女子奉公人を集めて生産するようになり,製品は江戸や大坂にも出荷された。知多半島では農耕条件に恵まれず,伊勢から晒(さらし)技術を導入して農家婦女子による白木綿(知多木綿)の生産が隆盛をきわめ,仲買たちによって買継問屋に集められ,江戸の大伝馬町白子両組木綿問屋に船で送られた。江戸への移送量は天保初年に20万反,1847年(弘化4)には48万反余に達した。…

【知多半島】より

…伝統産業も多く残され,常滑市では,付近に陶土を産することから常滑焼の古窯が多く,現在もタイル,衛生陶器,陶管など窯業が盛んである。また知多市,東浦町,半田市では知多木綿の名で知られる綿織物業,半田市では食酢,たまりなど醸造業などがある。半島南部には内海,野間,河和(こうわ),篠島,日間賀島など海水浴場や,釣りの適地が多い。…

※「知多木綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

知多木綿の関連キーワード知多半島知多湾東浦大府晒し木綿知多解し木綿阿久比[町]晒木綿えびせんべいの里

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

知多木綿の関連情報