コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有福温泉 ありふくおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有福温泉
ありふくおんせん

島根県中部,江津市南西部,加志岐川沿岸の丘陵斜面に湧出する温泉。単純泉放射能泉で,泉温は 47~48℃。リウマチ皮膚病などに効能がある。傾斜地に階段状に集落が立地し,共同浴場も多く,温泉情緒に富む。山間の静かな湯治場で,山陰伊香保と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有福温泉
ありふくおんせん

島根県中西部、江津(ごうつ)市にある温泉。三方を山地に囲まれた渓谷に湧(わ)く。泉質は無色透明の単純温泉。古くから湯治場としてにぎわった。共同湯や旅館が階段状に立ち並び、「山陰の伊香保(いかほ)」ともいわれる。石見神楽(いわみかぐら)の定期上演を行う「湯の町神楽殿」がある。JR山陰本線江津駅、浜田駅からバスが通じる。[野本晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

有福温泉の関連キーワード江津(市)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android