伊香保(読み)いかほ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊香保
いかほ

群馬県中部,渋川市南西部の旧町域。榛名山東斜面にあり,温泉で有名。1889年町制。2006年渋川市,小野上村,子持村,赤城村,北橘合体して渋川市となった。伊香保温泉垂仁天皇の頃に発見されたといわれ,『万葉集』にも詠まれた。温泉街はかつては標高 700mあまりの傾斜地に密集し,階段状集落をつくっていたが,その外側にも鉄筋建築の大きな宿泊施設が建設された。徳冨蘆花の小説『不如帰』で知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いかお【伊香保】

いかほ【伊香保】

群馬県の中央部にある古くからの温泉町。榛名はるな山の北東斜面に町並みが階段状に発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊香保
いかほ

群馬県中部、北群馬郡にあった旧町名(伊香保町(まち))。現在は渋川市(しぶかわし)の南西端に位置する地域。旧伊香保町は1889年(明治22)町制施行。2006年(平成18)渋川市に合併。榛名(はるな)火山北東斜面の標高720~810メートルにあり、伊香保温泉は北に吾妻(あがつま)川を隔てて子持(こもち)、小野子(おのこ)の両火山、および遠く谷川岳連峰を望み、東は利根(とね)川を隔てて赤城(あかぎ)山を眺め、眺望の優れた温泉である。町は傾斜地に立地し、300余段の石段の両側階段状に、おもな温泉旅館が木造建てや近代的な鉄筋高層建築で並び、各種団体の厚生施設や土産物(みやげもの)店、娯楽場も多く、伊香保独特の町並みを呈している。[村木定雄]
『『伊香保誌』(1970・伊香保町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊香保の関連情報