コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有馬則頼 ありま のりより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬則頼 ありま-のりより

1533-1602 戦国-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)2年2月23日生まれ。播磨(はりま)三木(兵庫県)淡河(おうご)城主。豊臣秀吉につかえ,秀吉の死後は子豊氏とともに徳川家康にしたがう。関ケ原の戦いで活躍し,慶長6年3万石に加増され摂津三田(さんだ)(兵庫県)にうつった。慶長7年7月28日死去。70歳。通称は九郎三郎,兵部卿法印(ひょうぶきょうほういん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

有馬則頼の関連キーワード本願寺キリシタン関係主要人名月舟寿桂阿佐井野宗瑞カルバンピサロ(Francisco Pizarro)ラブレー総合年表(アメリカ)海北友松本願寺境内