コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月二郎 もちづき じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月二郎 もちづき-じろう

1851-1901 明治時代の出版人。
嘉永(かえい)4年生まれ。幕臣の次男で,江戸開城のとき江原素六(そろく)らと江戸を脱出。明治3年沼津兵学校にはいり,鹿児島藩兵学校教員をつとめ,廃藩後は大蔵省翻訳局でまなぶ。大蔵省に出仕,12年田口卯吉(うきち)らと経済雑誌社をおこした。明治34年8月8日死去。51歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

望月二郎の関連キーワード[各個指定]芸能部門イギリス史(年表)シカゴ・ホワイトソックス自然主義(文芸)メダン派内閣総理大臣正岡子規ウィンザー家オークランド・アスレチックスオーストラリア・ニュージーランド文学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android