望月太左衛門(7世)(読み)もちづきたざえもん[ななせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

望月太左衛門(7世)
もちづきたざえもん[ななせい]

[生]文久2(1862).3.16. 仙台
[没]1938.5.19. 東京
歌舞伎囃子方。5世望月太左衛門の没後,門弟間に相続争いが起り,6世が2名出たりしたが,4世望月長九郎が 1905年7世を襲名。多数の門弟を擁し,歴代中で最も大きな存在となり,黄金時代を築いた。 1920年8世を長男に譲って3世望月朴青を襲名。 13世杵屋六左衛門,5世杵屋勘五郎と提携して『新曲浦島』『多摩川』などを作調

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android