コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望潮 モチシオ

デジタル大辞泉の解説

もち‐しお〔‐しほ〕【望潮】

満月のときの満ち潮
「汲めば月をも、袖に―の、汀(みぎは)に帰る波の夜の」〈謡・

ぼうちょう〔バウテウ〕【望潮】

村田喜代子の短編小説、および同作を表題作とする作品集。小説は平成9年(1997)「文学界」誌に発表。第25回川端康成文学賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もちしお【望潮】

陰暦15日、満月の時の満ち潮。 「 -の満ちにけらしな難波江の浦/新撰六帖 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

望潮 (シオマネギ)

動物。節足動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

望潮の関連キーワード動物大潮