難波江(読み)ナニワエ

大辞林 第三版の解説

なにわえ【難波江】

大阪湾、旧淀川河口付近の入り江の古名。古く、葦あしが群生していた。難波潟。⦅歌枕⦆ 「夕月夜潮みちくらし-の葦の若葉にこゆる白波/新古今 春上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android