コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田喜代子(読み)ムラタキヨコ

デジタル大辞泉の解説

むらた‐きよこ【村田喜代子】

[1945~ ]小説家。福岡の生まれ。初めシナリオを学び、のち作家活動に入る。黒沢明監督の映画「八月の狂詩曲(ラプソディー)」の原作となった「鍋の中」で芥川賞受賞。「龍秘御天歌(りゅうひぎょてんか)」で芸術選奨。他に「白い山」「真夜中の自転車」「望潮」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田喜代子 むらた-きよこ

1945- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和20年4月12日生まれ。はたらきながらシナリオをまなぶ。昭和42年結婚。51年「水中の声」で九州芸術祭文学賞をうけ,作家活動にはいる。62年「鍋の中」で芥川賞,平成2年「白い山」で女流文学賞,4年「真夜中の自転車」で平林たい子文学賞,10年「望潮」で川端康成文学賞,11年「竜秘御天歌」で芸術選奨。22年「故郷のわが家」で野間文芸賞。福岡県出身。作品はほかに「熱愛」「春夜漂流」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村田喜代子の関連情報