コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望都壁画墓 ぼうとへきがぼ

百科事典マイペディアの解説

望都壁画墓【ぼうとへきがぼ】

中国,河北省望都県にある後漢)時代の2基の【せん】室墓で,壁画で有名。いずれも高さ10m余りの封土でおおわれている。第1号墓は,前室,中室,後室など8室からなり,前室,前・中室間の通路に壁画がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうとへきがぼ【望都壁画墓 Wàng dū bì huà mù】

中国,河北省唐県城東約1kmの所薬村にある大型漢墓。1952年と55年に発掘調査された。30mの距離をおき2基が東西に並び,ともに墓室に壁画をもつ。西の1号墓は高さ約11m,南北46.7mの封土をもつ。塼築の墓室は墓道,甬道,耳室をもった前・中室,後室からなり全長20.35m。遺物は盗掘のため土製楼閣,井戸,石製碁盤等を残すのみであった。壁画は前室4壁と中室への通路の一部にある。上段には人物図,下段には鳥獣を描く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android