コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望都壁画墓 ぼうとへきがぼ

2件 の用語解説(望都壁画墓の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

望都壁画墓【ぼうとへきがぼ】

中国,河北省望都県にある後漢()時代の2基の【せん】室墓で,壁画で有名。いずれも高さ10m余りの封土でおおわれている。第1号墓は,前室,中室,後室など8室からなり,前室,前・中室間の通路に壁画がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうとへきがぼ【望都壁画墓 Wàng dū bì huà mù】

中国,河北省唐県城東約1kmの所薬村にある大型漢墓。1952年と55年に発掘調査された。30mの距離をおき2基が東西に並び,ともに墓室に壁画をもつ。西の1号墓は高さ約11m,南北46.7mの封土をもつ。塼築の墓室は墓道,甬道,耳室をもった前・中室,後室からなり全長20.35m。遺物は盗掘のため土製楼閣,井戸,石製碁盤等を残すのみであった。壁画は前室4壁と中室への通路の一部にある。上段には人物図,下段には鳥獣を描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

望都壁画墓の関連キーワード河北省城東直隷東陵熱河唐山開灤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone